テストページです

2011年5月の記事

クールビズ

2011/05/28

 先週のことです。

 夕方、新潟市の保健師さんが歯の治療に来られました。当院も現在節電中、暑い日で湿度も高い日でしたが、まだエアコンは使用していません。「暑くて申し訳ありませんね。区役所の方はどうされていいますか?」とお伺いすると「当然エアコンは使っていません。机の上の書類が飛ぶので窓も開けられないんです。」とのお答え。「冗談で今年はみんなで夏はムームーとアロハにしようと話してます。」と言われていました。そうの時は「大変ですね。」とご返事しましたが、後で考えると窓口など部署によっては良いかもしれません。今の日本の厳しい状況を少しでも明るい雰囲気にできるかも。
 そういえば数年前の夏に「白衣の代わりに夏にアロハを着たいな。」と提案したことがある。もちろん私だけである。衛生士はムームーという訳にはいかない。そうすれば小さな子でお医者さんの白衣が苦手な場合も良いと思ったのである。また、お腹が出てるのも目立たないしとも思った。(笑)結果は「緩すぎる!、だらしない!」と却下されてしまった。
 今年はどうだろうか。再提案してみようと思った。さあ、どうなることやら。

世界チャンピオン?

2011/05/21

  昨日はTさんが治療に来られました。彼女は7歳6ヶ月からうめつ歯科医院でむし歯の治療をして、その後は特に大きなむし歯を作る事もなく、定期検査に来られています。永久歯になった時、歯並びが悪くなり矯正治療で歯並びも治しました。

 進学は東京の大学へ進み、大学に在学中も冬休み、夏休みに新潟に帰って来た時は、定期検査に必ず来院されていました。今年卒業されて新潟に戻ってこられて就職されました。就職先は某警備会社。
 さて、本題「世界チャンピオン?」、実は彼女は少林寺拳法の女子の世界チャンピオン?になったことがあります。大学中に日本チャンピオンになり、その年に4年に1回行われる世界大会に出場することになりました。大会に出場して結果は優勝。なぜチャンピオンの後ろに「?」が付くのか。その年はバリ島で大会がありましたが、テロか何かで世界大会が中止になったらしいです。しかしその冠は無くなりましたが大会自体は行なわれました。そこで優勝したのです。
 高校時代からめきめきと頭角をあわらし、地元の新聞にも載って、お母様がその新聞を持って来られて見せていただいた事もあります。一度お母様から「歯並びを治したのでスポーツの成績も上がったんですね。」と言われましたが、そうかどうかは分かりません。しかし、そう言っていただける事は嬉しいことです。一番の原因はもちろん彼女の努力とセンスです。これは間違いないでしょう。定期検査の時にお話をしていても、とにかく明るく、素直で超前向きなのが良くわかります。それもとても大切なことですね。どうもわれわれ医療関係者は病気を扱うこら悲観的傾向になりがちですが、彼女に接すると元気が出て来ます。やはりその道を究める人は他の人に与える良いパワーを持っていると思います。
 彼女が定期検査に来るのをうめつ歯科医院の皆は楽しみにしています。

記事一覧へ

Copyright(c) 2010-2022 umetsu-dc All Rights Reserved.