マタニティ歯科、マザーズ・デイ
 
 保育士からのお知らせ    

マタニティ歯科

妊娠中だからこそお口の中をキレイに

妊娠中は、何かと体調が崩れやすくお口の中の健康も維持出来なくなることが多い時期です。
つわり等で食生活か変わる、歯磨きしたいけど気持ちが悪いなどで虫歯発生のリスクが高くなったり、ホルモンバランスの変化で歯周病のリスクが高くなります。
また、歯科治療をして大丈夫だろうか、何となく心配されて歯科医院への足も遠のく時期でもあります。

歯科治療を受けて大丈夫?

安定期に入ると虫歯の治療や歯周病の治療などほとんどの歯科治療は行なえます。
しかし、歯を抜く等は出産後の方が良いでしょう。
また、なるべく薬を使わない方が良いですが、治療の時に使う局所麻酔薬は問題なく使えます。その他抗生剤等も妊娠中に使える種類の物があります。
安定期以外では担当の産科医と連絡を取り、了承を受けた後の診療となります。

歯周病と早産

妊娠中はホルモンバランスの変化や、つわりで歯磨きが出来ない等で歯ぐきが腫れやすくなります。この様な状態で歯周病を放置すると、炎症性物質のプロスタグランジンが増え早産の原因になるという報告があります。
つわりがひどい時でも、歯磨きの時間帯を工夫することなどで行なうことができます。
妊婦の方には担当衛生士も出産経験のある歯科衛生士が担当させていただき、お口の中の管理のお手伝いをさせていただきます。本院の歯科衛生士は日本歯周病学会の試験に合格した認定歯科衛生士です。

マイナス1歳からのむし歯予防•虫歯菌の感染防止

代表的な虫歯の原因菌のミュータンス菌が、保育者からお子さんへ感染していくことは、広く知られるようになってきました。
妊娠期にしっかり虫歯を治すことは、ミュータンス菌の感染を防ぐためにとても大切です。
また、ご希望の方にはお口の中のミュータンス菌数を検査し、お子さんへミュータンス菌を感染させるリスクを減らすアドバイスをします。

 保育士からのお知らせ  

Copyright(c) 2010-2021 umetsu-dc All Rights Reserved.