2018年3月の記事

ちゃんと咬んで、しっかり噛もう⑴(口唇食べ期)

2018/03/21

さて、前回の添い乳のお話から随分と時間が経ってしまいました。「ちゃんと咬んで、しっかり噛もう(1)」のお話をします。

厚生労働省の離乳のガイドラインでは、歯が生える少し前の段階を【口唇食べ期(ゴックン期)】としています。

この時期は、食べ物を取り込むために、口唇を閉じる事を学ぶ時期と舌を前後に動かして、食べ物を奥に送り込むことを学ぶ時期です。これからまた触れていきますが、キレイな歯並びに一番影響する舌の動きは、お口の中で、食物を飲み込む際、まだ上下運動ではなく前後に動かすと言う乳幼児期の嚥下のパターンです。

 

お口の中では前歯が出てくるのが近いので、前歯付近の歯茎が歯茎の下にありますので、硬くなってきます。

この時期はスプーンで食べさせてあげている時期ですので、正しいスプーンの使い方をして、お食事を食べさせてあげましょう。

【食べさせ方のポイント】

スプーンの使い方

◎ スプーンで優しくつついて、下唇にのせる

◎ 唇ではさむまで待ち、スプーンからゴクンと 飲み込むのを確認してから引き抜く

◎ 上唇に食べ物を触れさせながら与える。口の端からこぼしやすいが、スプーンで すくいとって入れる。このとき、こぼすからとスプーンを口の奥まで入れないようにする。

 

与える離乳食について

離乳食の形態

◎ 最初は、なめらかにすりつぶしたポタージュ状で均一な舌触りが大切

とろみがないとむせる原因になるので、とろりと流れる状態にする

◎ 慣れてきたら多少粒が残るベタベタ状にする

◎ 味付けはせず、素材の味を大切に、野菜スープや昆布だしで煮る

 

さてどうでしょうか?上手に食べているかは、唇の動きを見ているとわかります。

口唇を閉じて飲みこむとき、上唇の形は変わらずに 下唇が内側に入っていれば大丈夫です。

クリックすると図が全て出てきます。

 

チョット長くなりましたが、次回は「舌食べ期(モグモグ期)」のお話で、 食べ物を舌と上あごで押しつぶすことを学ぶ時期についてです。

 

記事一覧へ

Copyright(c) 2010-2020 umetsu-dc All Rights Reserved.