2018年11月の記事

F1レース

2018/11/21

ここのところ真面目なお話が続きましたので、コーヒーブレークにしましょう!

 

先月、東京で2日間行われたDr.Chris Farrellのmyobraceと呼ばれる矯正装置を使った歯並びの治療のセミナー。

講師は、オーストラリアから来た矯正医です。

 

今回は彼の趣味について

Dr.Farrellの一番の趣味はF1レース。しかも観戦でなくF1レースに参加することです。

自分でF1の車を所有しレース出場。

昨年はテキサスで行われた2017 マスターズF1レースでは3位入賞!(写真右がFarrell)ちなみにこの時の1位は日本人ですね。1、2位は共にプロのF1レーサーです。

 

F1はものすごい体力を使うスポーツです。ものすごいGに耐えて行かないといけません。

彼の経歴を見てみると1971年にシドニー大学の歯学部卒業と出ていますので、もう少なくとも60代後半ですね。すごい体力です。今月の鈴鹿サーキットのF1マスターズにも出場すると講演中に言っていました。

彼の作った矯正装置はmyobraceですが、所有する車はmyorace18(マイオレースいー歯)です。オーストラリア版親父ギャグみたいです。

そしてまさに鉄人です。

鼻呼吸の大切さ

2018/11/04

先月は、学会、研修会と忙しい月でした。

月初めに宇都宮で日本小児歯科学会、翌日は東京でDr.Chris FarrellのMRCの2日間のセミナーにスタッフと参加。

別のスタッフは同じ週の水・木は東京でMFT(口腔筋機能療法学会)参加。

 

どれもとても面白い内容でした。

 

うめつ歯科医院も15年ほど前から、歯並びは、お口の周りの筋肉の動きや舌の機能がすごく影響されるので、ブラケットという歯の表面に金具(今は透明や白いセラミックの方が多いので、金具という表現は古いですね)を貼り付けて歯を動かすだけでなく、口の周りの筋肉や舌の動きを正しくトレーニングすることで歯並びを直したり、矯正治療後の歯の戻りを防いだりするMFTを取り入れています。

うめつ歯科医院のMFTについて→https://www.umetsudental.com/wp1/口膣筋機能治療(mft)/

 

今回、参加したDr.Chris Farrellのセミナーもこの考えに沿っています。マウスピースのようなmyobarceと呼ばれる装置をお口の中に入れて、発育中の歯並びを直す矯正治療です。

 

MFTもmyobraceも若干アプローチに違う部分もありますが、考え方の根本は同じです。

このスライドにもあるように次のことをいつも意識しましょう。

1:唇は自然な状態でいつもちゃんと閉じていますか?

このことでいわゆるお口ポカーンの口呼吸ではなく、ちゃんと鼻呼吸することができます。

2:舌は自然な状態でちゃんと上顎のところについていますか?口呼吸の人は舌が上顎につかないで下顎の歯並びの中にあります。

3:正しい飲み込みができていますか?

物を飲み込む時に舌が歯並びを押したり、上下の歯並びに挟まっていませんか。舌の力で歯並びは歪んでしまいます。

4:正しい栄養を考えた食事をしていますか?ジャンクフードや中食が多いと体の成長に悪影響があります。

 

そして綺麗な良い歯並びは、健康の維持にもとても大切です。

記事一覧へ

Copyright(c) 2010-2020 umetsu-dc All Rights Reserved.