2016年4月の記事

院内研修会

2016/04/18

先週の木曜日は、午前中診療をお休みさせていただ、きうめつ歯科医院の院内研修会を行いました。

 

スクリーンショット 2016-04-18 8.48.43

うめつ歯科医院では研修会を年に10回程度行います。そのうち5、6回は院内で行い、その他4、5回は学会参加や他の医院に伺い研修してきます。

今年も小児歯科、歯周病、筋機能療法関係の研修会を院外研修会として計画しています。

 

 

さて14日の研修会のテーマは、パノラマ・レントゲンとCTの読影と活用でした。

今回は2名の先生にお願いして、それぞれ得意の分野をご教示していただきました。

レントゲンは「パノラマを中心としたレントゲン写真でわかる歯科疾患」のテーマでした。

講師として、普段からお世話になっている秋葉区で開業している高橋典男先生に、1時間半ほどお話してしていただきました。

 

高橋先生はうめつ歯科医院でインプラント治療をする時に、顎の骨の中にインプラント体のチタンの金属を埋め込む部分の手術を、お願いしている先生です。

もともと新潟大学の歯科口腔外科の出身で、インプラント治療の経験も20年以上あるベテランの先生なので、やはりレントゲンの読影も素晴らしく大変勉強になりました。

スクリーンショット 2016-04-18 8.49.00

 

 

引き続いて、同じ秋葉区で開業している猪野潔先生に「「CBCTの利用と取り扱い」のテーマで1時間半ほどお話していただきました。

猪野先生のところには、うめつ歯科医院でCBCT(コーンビームCT)を導入する前に、当院の患者さんのCBCTの撮影を依頼していました。秋葉区の中でもCTをいち早く導入した経験豊富な先生で、教えていただくことがたくさんありました。

 

普段の診療の中でも、ちょっとした疑問の解決やそれぞれの専門分野を活かした情報交換は、とても大切と改めて思いました。

記事一覧へ

Copyright(c) 2010-2020 umetsu-dc All Rights Reserved.