2014年5月の記事

山手線搬送?

2014/05/31

昨日、新潟市秋葉区の健康保険センターで歯科の勉強会があり終って帰る途中、道を走っていると対向車線から、えらい大きなトレーラーが走って来ました。

 

積んでいたのは何と!都内を走るJR山手線の車両と思われる電車でした。

スクリーンショット 2014-05-31 12.44.07

 

山手線の車両らしい緑のラインが車体に引かれています。

 

トレーナーの後ろには普通の車が走っています。

スクリーンショット 2014-05-31 12.44.20

 

今は名前が変わったようですが、新潟市秋葉区には株式会社総合車両製作所(元JR新津車両製作所)があります。

以前その患者さんから、都内を走る電車の車両を製造していると聞いていました。

 

当然、電車は大きいのでその製作所には線路が引き込んであって、完成した車両は線路を走らせて納車すると思っていましたが、トレーラーで搬送するんですね。

 

あんな大きな物が道路を走っているとビックリしますね。

 

うめつ歯科医院のスタッフの家族の方も車両製作所にお務めの人がいます。

 

昨夜の事を話すと、やはり珍しい風景なのでわざわざ見に来る人もいるそうです。

歯周病と糖尿病

2014/05/10

歯周病と体全体の色々な病気が関係することは、以前より言われてきました。

 

最も関連性がある病気の一つは糖尿病です。

糖尿病のコントロール状態が良い場合(安定した状態)は、歯周病をかかえている患者さんでも歯周病の状態も安定しやすいと言われています。

 

一方、糖尿病の状態も安定していない場合は、歯周病の状態も安定しにくい事は証明されています。

 

うめつ歯科医院に通院中の糖尿病の患者さんの歯周病の管理の際にも、私たちは必ず糖尿病の安定を示すデータの一つのHbA1Cはお聞きしています。

 

さて今日の新潟日報にこの歯周病と糖尿病の関係で新しい発見が見つかったと出ていました。

 

スクリーンショット 2014-05-10 13.56.40

 

お口の中の歯周病菌は唾液の中に溶け出して、飲み込まれます。この飲み込まれた歯周病菌がお腹の中に入って行き、腸内細菌のバランスを悪い方へ誘導し、糖尿病になりやすくなるそうです。

 

その他、歯周病と関連する病気では、心臓などの循環器の病気、低体重児出産も報告されています。

記事一覧へ

Copyright(c) 2010-2020 umetsu-dc All Rights Reserved.