テストページです

胡蝶蘭

2012-12-20

久々の蘭の話題です。

衆議院選挙も終わり、今売れ筋のお花は何かと言うと胡蝶蘭だそうです。

 

先日も地元の地方紙「新潟日報」に新潟市西蒲区の蘭店の記事が出ていました。

選挙の当選のお祝に使われる胡蝶蘭の寄せ植えを、たくさん準備しているとの記事でした。

 

確かに胡蝶蘭の寄せ植えは豪華で、比較的花持ちも良く各種お祝に喜ばれるようです。

 

 

日本語で胡蝶蘭は学名はファレノプシス(Phalaenopsis)と言います。これはラテン語のphalaen(蛾)+opsis(似る)からきていると言われています。花が咲いている様子が、蛾が止まっているように見えることから名付けられたそうです。

英語もそのものズバリMoth orchid(蛾蘭)。しかし日本語の胡蝶蘭のほうが優雅な感じがして良いですね。

 

私が25年前に最初に買ったのも一株の胡蝶蘭でした。

当時はまだ今ほど胡蝶蘭が一般的でなく、園芸店で見たとき「何てキレイな花だろう」と感嘆したものでした。それ以来飽きずに25年間園芸の趣味の中心に洋蘭があります。

 

胡蝶蘭はその花の色や形の優雅さも有りますが、たくさんの花が一列に咲きそろうことで豪華さを感じます。

 

 

さて今まで私が見た中で一番多く1株から咲いていた胡蝶蘭はこれです。

 

数年前台北の建国花市をぶらぶらしていた時、見かけたピンクの胡蝶蘭は何と31輪が咲いていました。

 

胡蝶蘭は蘭の中でも育てる際に比較的温度が必要なので、私は現在2鉢のみで沢山育てていません。

この2鉢の胡蝶蘭は、5月頃に咲き始めます。咲くとうめつ歯科医院の受付に飾ります。

 

一方白の大輪は高温が必要な蘭です。比較的育てやすいのは、ピンクや黄色やストライプの中輪から少輪の物です。

 

 

今頃、当選した候補者の事務所には、沢山の胡蝶蘭の寄せ植えが飾られていることでしょう。

院長ブログ アーカイブ

2021年

5月 [1]  3月 [2]  2月 [3]  1月 [1] 

2020年

12月 [2]  11月 [2]  10月 [1]  9月 [2]  7月 [1]  6月 [1]  5月 [1]  4月 [1]  3月 [1]  2月 [1]  1月 [2] 

2019年

12月 [3]  10月 [2]  8月 [1]  7月 [1]  6月 [1]  5月 [1]  3月 [1]  1月 [2] 

2018年

12月 [4]  11月 [2]  10月 [2]  9月 [3]  8月 [1]  6月 [2]  5月 [1]  4月 [2]  3月 [1]  1月 [2] 

2017年

12月 [2]  11月 [1]  10月 [2]  9月 [2]  8月 [2]  7月 [2]  6月 [2]  4月 [1]  3月 [2]  2月 [2]  1月 [2] 

2016年

12月 [2]  11月 [3]  10月 [2]  9月 [2]  8月 [1]  7月 [2]  6月 [3]  5月 [1]  4月 [1]  3月 [1]  2月 [2]  1月 [2] 

2015年

12月 [2]  11月 [1]  10月 [1]  9月 [2]  8月 [1]  7月 [2]  5月 [1]  4月 [1]  3月 [1]  2月 [2]  1月 [1] 

2014年

12月 [2]  11月 [1]  10月 [1]  9月 [1]  8月 [2]  7月 [1]  6月 [2]  5月 [2]  4月 [2]  3月 [1]  2月 [2]  1月 [5] 

2013年

12月 [5]  11月 [4]  10月 [6]  9月 [4]  8月 [6]  7月 [3]  6月 [5]  5月 [3]  4月 [6]  3月 [5]  2月 [10]  1月 [11] 

2012年

12月 [7]  11月 [8]  10月 [8]  9月 [10]  8月 [13]  7月 [16]  6月 [14]  5月 [1] 

Copyright(c) 2010-2021 umetsu-dc All Rights Reserved.