テストページです

市民大学

2012-03-23

 19日の月曜日、診療終了後新潟市中央区のクロスパルで行われている市民大学の自主セミナーに参加して来ました。

このセミナーに参加したしたのは今回が初めてでした。
参加のきっかけは私の中国語の先生のS先生が、「以前参加して面白かったので、参加してみてはどうですか」と案内を送ってくれたことです。
このセミナーは県立大学の人文地理学と新潟県の東アジア交流史等が専門の櫛谷先生が、毎月第3月曜日に市民対象に、アジア交流史や現代中国事情等を分かりやすく講義されているものです。
今回は櫛谷先生を中心に3月中旬に台北、金門島、アモイ、福建省の田螺坑土楼群
を巡るツアーを行った報告会とその文化的背景等の解説でした。
福建省の土楼は、1985年にアメリカのCIAが衛星写真の分析で中国の核施設と間違えてレーガン大統領に報告したのがきっかけで、世界的に知られるようになった中国の漢民族の一つ客家人々の住居です。
一つの土楼に一族が暮らし大きな物では400人以上が住んでいるそうです。
http://ja.wikipedia.org/wiki/福建土楼
確かにこれは衛星写真では真ん中からミサイルは発射されそうに見えますね。
2008年に世界遺産に指定され、今はものすごい勢いで観光地化されているそうです。
いずれ行きたい所の一つでしたので、今回のセミナーは非常に面白いものでした。

旅行のこと アーカイブ

2012年

3月 [1]  1月 [1] 

2011年

12月 [1]  9月 [1]  8月 [1] 

Copyright(c) 2010-2022 umetsu-dc All Rights Reserved.