テストページです

母子手帳

2011-12-26

  先週小児歯科学会からのメルマガに「来年4月に母子手帳が10年ぶりに大幅に改定されます」とありました。

今回の改訂に際しては小児歯科学会でもいくつかの提案を厚生労働省に提案したとあります。
どのくらい歯科のことが盛り込まれるか楽しみです。
さて、皆さんお子さんを歯科医院に連れて行く際に、母子手帳を持って行きますか?
ぜひ持って行って下さいね。
母子手帳には少なくとも1歳6ヶ月時、3歳児の歯科健診の記録が記載されています。
自治体によっては更に1歳児、2歳児の歯科健診も行なっています。それらも記載されていることもあります。
うめつ歯科医院にお子さんの初診の予約いただいた時には、必ず保険証、母子手帳、普段使っている歯ブラシ等を初診時に持参していただくようにお願いしています。
 

          
それらを見ると、そのお子さんがどのくらいむし歯になりやすいかを知る大切な情報が得られます。
それによって今後のむし歯予防計画を考え定期検査の間隔、フッ素の利用方法のアドバイスができます。
特に3歳児歯科健診で、すでにむし歯があったりしたら要注意です。そうなっていたらお口の中はむし歯が出来やすい環境になってしまっていると考えられます。
ちなみに昨年、新潟市秋葉区では3歳児健診で、約18%のお子さんがむし歯になっていました。
北欧では数パーセントです。まだまだ日本の小児歯科医や歯科界には、やるべき事は沢山あります。

診療のこと アーカイブ

2012年

5月 [3]  4月 [4]  3月 [3]  2月 [2]  1月 [7] 

2011年

12月 [3]  11月 [3]  10月 [8]  9月 [2]  8月 [3]  7月 [4]  6月 [3]  5月 [1] 

Copyright(c) 2010-2022 umetsu-dc All Rights Reserved.