テストページです

フッ素入り歯磨き剤の使い方②

2011-11-24

 以前、むし歯予防にフッ素入り歯磨き剤を使う際のアドバイスを書かせていただきました。

今回はそのパート2です。この方法はむし歯予防の先進国のスウェーデンのイエテボリ大学で推奨している方法で、以前お話した方法よりより効果的です。
しかし、これを実際にやってみるとけっこう大変です。
①歯ブラシに2cmの歯磨き剤をつける(3~6歳未満は5mm、6~12歳は1cmが目安)

②歯磨き剤は歯全体に広げる

③2分間磨く(特に方法はこだわらない)

④歯磨き剤による泡立ちを保つ(途中で吐き出さない)

⑤歯磨き剤を吐き出さずに10mlの水を口に含む

⑥そのままその水で30秒間ブクブクうがいを続ける

⑦ブクブクうがいをした水を吐き出し、それ以上のうがいはしない。

⑧その後最低2時間は飲食をしない
上のイエテボリ大学の方法が出来る人は、もちろん上の方法がお勧め。
ちなみにスウェーデンなどのヨーロッパ、アメリカでは歯磨き剤のフッ素濃度は1500ppm以下、日本では1000ppm以下となっています。向こうの方が1,5倍も濃度が高いです。それでもこんなにすごい方法を推薦しています。
もし旅行に行く機会があればヨーロッパやアメリカ、台湾で1500ppmの歯磨き剤は買えます。旅行した際はお土産に良いですよ。うめつ歯科医院のスタッフは1500ppmの物を使っています。
ようするにむし歯予防のフッ素の使い方のポイントは、お口の中にどれだけ有効な濃度のフッ素を長時間キープするかという事です。
難しいなら前に書かせていただいた、下の方法を最低守りましょう。

むし歯のこと アーカイブ

2018年

2月 [1] 

2015年

9月 [1] 

2013年

5月 [1] 

2011年

12月 [2]  11月 [2]  10月 [2]  9月 [1]  8月 [2]  6月 [1] 

Copyright(c) 2010-2022 umetsu-dc All Rights Reserved.