テストページです

21年目のメインテナンス

2011-06-25

  今回も歯周病のことです。

今週の月曜日にSさんが歯周病のメインテナンスにいらっしゃいました。この患者さんはうめつ歯科医院で最もメインテナンスが長い患者さんのお一人です。今回でついに21年目のメインテナンスに入りました。
最初に来院されたのは平成3年の4月12日でした。当時はまだ20代半ばで歯周ポケットが上の前歯と下の6歳臼歯の部分に7mm以上の所がある重症な歯周病でした。
現在はAAP(アメリカ歯周病学会)の分類も少し変わりましたが、以前は若年性歯周炎と呼ばれる女性多く見られるまれなタイプの歯周病でした。
治療のための歯磨きの指導と歯石取りで、歯周ポケットはほぼ消失し現在まで再発はありません。
メインテナンスも20年間きちんと来院されて、いつもBOP(歯ぐきからの出血の%、うめつ歯科医院の取りあえずの目安は10%以下)は5%以下、PCR(口の中の磨き残しの割合、当院の取りあえずの目標は15%以下)も5%程度の時が多いという患者さんです。
20年間続いてメインテナンス出来る事は本当に私たちにとってもうれしいことです。担当の衛生士は当院のチーフ、彼女の勤務歴と同じ長さに等しいですね(内緒です)。
また、この患者さんの場合は手入れが良いので、むし歯が出来てもあまり進みません。うめつ歯科医院のホームページの「むし歯のお話」の「むし歯は全部削るの?」の部分に載せている写真がSさんの物です。今回写真を新しく撮影したのでホームページの方も写真と説明を更新する予定です。→https://www.umetsudental.com/wp1/005/index.html
歯の根元のむし歯の13年後の状態です。今後も削らずに経過を見てゆきます。
1998年10月8日         2011年6月20日
時々、歯周病の患者さんから「本当にきちんと指導を受けて歯磨きすると、歯磨きってすごい効果ですね」と言われることがあります。実際その通りです。歯ぐきから血が出る場合は歯科医院で歯科衛生士から歯磨き指導を受ける事をお勧めします。

歯周病のこと アーカイブ

2012年

5月 [1]  3月 [1]  2月 [1]  1月 [1] 

2011年

11月 [2]  9月 [1]  8月 [1]  7月 [1]  6月 [3]  5月 [1] 

Copyright(c) 2010-2022 umetsu-dc All Rights Reserved.