診療の流れ

予診表の記入

  • 初診時は予診表の記入、患者さんの登録などがありますので予約時間より10分早めに起し下さい。
  • 来院して頂きましたら保険証をお預かりし、予診表を記入していただきます。
  • 患者さんの症状や服用されているお薬等を明確に知りたいのでできるだけ詳しくご記入下さい。
   

問診

  • 記入していただいた予診表を見ながら、簡単な問診を取らせていただきます。
  • どのくらいの痛みなのか、いつ頃から痛み出したかなど細かいことでも構いませんのでお話下さい。
  • また当院での診療に際してのご希望もお気軽にお伝え下さい。
   

痛みの原因やむし歯その他の異常の診査

  • 痛みの原因、むし歯の状態を調べます。
    またお口の中の粘膜に異常がないかを調べます。
   

お口の中の写真撮影

  • お口の中をデジタルカメラにて直接写真撮影させていただきます。これは治療前、治療後の状態の比較に大変重要です。特に小さな初期むし歯や歯ぐきの腫れなどはレントゲン写真では写りません。また、治療計画の説明やカウンセリングの際にも見ていただきます。
   
   

レントゲン撮影

  • 痛みの原因を知るためや、歯を支えている骨の状態の確認、その他の異常を調べるためにレントゲン撮影をします。当院のレントゲンはデジタルレントゲンです。フィルムのものよりレントゲンの照射量が少なくモニターで確認することができます。
   
   

歯周病の検査

  • 歯周病の検査は、原因となるプラークの付いている場所の診査と歯ぐきの腫れ、歯ぐきからの出血、歯を支えている骨の状態等を調べます。 正確な検査とそれに基づいた治療計画、そして治療結果の検討は歯周病治療を成功させるためにとても大切です。
   
   

応急処置

  • 痛みがある場合は痛みを取り除く応急処置をします。
   
   

検査結果のコンピューター管理

  • レントゲン、お口の中の写真、歯周病の検査結果はコンピューターで管理します。この管理システムは何年前のデーターでも現在のものとすぐに比較出来るので、経過の把握に非常に有効です。
   
   

検査結果と治療計画の説明(カウンセリング)

  • 撮影したレントゲンとお口の中の写真、歯周病の検査結果をもとに、現在のお口の中の状態の説明、今後の治療方針等をコンピューターのモニターを見ていただきながら説明させていただきます。当院では、きちんとした病状の説明と治療に対する理解と同意がとても大切と考えています。
   
   

治療

  • 治療について納得していただけましたら治療が始まります。痛むところや最もむし歯が進行しているところから治療が始まります。また必要であれば歯科衛生士によるプラークコントロール等のセルフケアの指導、歯石取りやクリーニングも致します。うめつ歯科医院では各患者さんに担当の歯科衛生士を決める担当制を行なっています。歯科医師だけでなく、歯やお口の中の健康を保つには歯科衛生士の仕事はとても大切です。
   
   

メインテナンス

  • 治療で健康を取り戻したお口の中を良い状態に保つためには、メインテナンス(定期検査)が非常に大切です。担当歯科衛生士によるメインテナンスを行ない、お口の中のクリーニングやプラークコントロール等のセルフケアのアドバイスをさせていただきます。
   
   
Copyright(c) 2010-2019 umetsu-dc All Rights Reserved.
Top